悪天候で交通機関が動かない? さあどうする!

出発時に悪天候が生じたら

旅行ではアクシデントに対する準備が欠かせません。しかしどうにもならないのは天候です。旅行のスケジュールと台風や大雪が重なってしまうことはあり得ます。出発するときに天候が悪かったら、どう対応したらよいのでしょうか。一番シンプルな対応は、旅行の中止です。早めに中止を決断できれば、宿泊施設のキャンセル料も少しは安くなるかもしれません。駅や空港に行ってしまったら、公式な運行情報を確認しましょう。乗る予定の便が運休になったとしても、あとの便に振りかえが可能な場合があります。運休なら運賃の全額払い戻しも可能です。鉄道の場合、払い戻し手続きを後日行うためにも運休(大幅な遅延)の証明書を受け取るのを忘れないでください。

旅先から帰るときに悪天候になったら

旅を終えて、さあ家に帰ろうというときに悪天候に見舞われることもあります。この場合「帰らない」という選択肢はないので、どうにかしてチケットを確保しなければいけません。まず考えられるのは、あとから出発する便への振りかえです。空席があるとは限らないので、待ち時間が長くなる可能性があります。その日のうちに乗れない可能性もあるので、宿泊施設の確保も考えましょう。状況によっては、遠回りのルートを選べば帰れる可能性もあります。ツアー旅行で帰りの飛行機が飛ばず、自分で鉄道のチケットを確保して帰った場合、鉄道の運賃は自己負担になることもあるので注意してください。旅先での交通トラブルは困ってしまいますが、乗り越えればよい思い出話になるはずです。

フラマイレーツとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です