ヒマラヤだけではない!ネパール旅行の魅力

ネパールにゾウを見に行く?

ネパールと言えば、ヒマラヤ、そう連想する人は多いことでしょう。確かに万年雪を頂いたヒマラヤの雄大な景色には心動かされるものがありますし、トレッキングツアーを目的に、ネパールに行く日本人も多いことでしょう。しかし、ここでは、それ以外のネパール旅行の魅力をご紹介します。
ネパールにゾウやサイがいると言ったら、驚きますか。ネパールにゾウやサイ、運が良ければトラまで見ることができる場所があるんです。

チトワン国立公園ってどんな所?

もちろん、ヒマラヤにゾウやサイは棲んでいません。ネパールでゾウやサイを見ることができるのは、ジャングルを保護する目的で設置されたチトワン国立公園です。ここは、ネパールの中でも標高が低く、亜熱帯の気候です。952.6 平方キロメートルと言いますから、広島市より大きな場所で、トラ、サイ、川には淡水イルカまでが生息しています。また、チトワン国立公園には、450種類もの鳥類が棲んでおり、バードウォッチングを趣味としている人にも、おすすめできる場所です。

ゾウに乗ってジャングルを探検

チトワン国立公園での観光で最も人気なのが、エレファントサファリです。ゾウの背に乗ってジャングルに分け入ります。 通常1〜2時間程度の行程で、ゾウの背には木製あるいは金属製のカゴがついて、そこに2人から4人が座ります。ジャングルの中で、サイやシカなどに会うかも知れませんよ。ゆらゆら揺れて最初は怖く感じるかも知れませんが、ゾウの背は、想像以上に高く、そこからの眺めは、日常では決して体験できないものでしょう。

フラマイレーツとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です